【服装】日本の伝統を重んじつつも因われない着物の画像-第2弾

服装
,

そこはかとなく漂う色気よ

着るのも大変、脱ぐのも大変。製造工程が大掛かりで複雑なゆえ値段は高価になり、メンテナンスにも大きな手間暇が掛かる。なぜこんな不便な衣装が何百年も愛され続けているのか。それは短所を補って余りある大きな長所があるからだろう。平安時代から脈々と続く歴史の積み重ねが、間違いなく日本女性を最高に美しく輝かす。

年を取ったからこそ、良いことっていっぱいあってけっこう楽しいんです。

小泉今日子

アフィリエイト広告バナー

アフィリエイト広告バナー

アフィリエイト広告バナー

アフィリエイト広告バナー

アフィリエイト広告バナー
HOMEへ戻る

Copyright© おんなとは , 2022 All Rights Reserved.